火災保険とは

火災保険とは、建物や家財の損害に備える保険です。

火災保険といっても、火災だけを補償してくれる保険ではなく、落雷・水災・風災、また水漏れ・盗難など内容は他種多様です。

加入する保険会社や商品によって、補償範囲や保険料は様々なので必ず自身で内容を確認しておく必要があります。

火災保険 入門編

基本的に火災保険は「建物」と「家財」を別々に契約します。

「建物」は建物本体、門や塀、物置などを指し、「家財」は家具、家電など建物内に収められているものが対象となります。
保険の対象を建物だけにした場合、もし火災が発生し損害を受けても建物の補償しかされず、家具などの補償はされません。

また、火災保険では地震で起きた被害は補償されず、地震保険に加入していた場合のみ補償されます。ただし、地震保険は火災保険とセットでないと加入できませんので注意が必要です。

火災保険の落とし穴

マイホームを購入する際、業者からすすめられ保険内容をよく理解していないままに加入してしまい、必要のない補償にまで保険料を支払ってしまっていたケースもよく見受けられます。
また、補償範囲内であるのにもかかわらず、補償費用を自身で負担してしまっていた・・・などの事例もあります。

火災保険に加入する際は補償内容をよく理解し、言われるがままに加入するのではなく自分自身で何が必要なのか、また何が不必要なのかをじっくりと検討して加入しましょう。

当サイトからのアドバイス

火災保険は身体の保険と同様、前もって加入しておく必要があり、何かあってからでは手遅れとなります。
加入するのはもちろんのこと、その保険内容もしっかりと検討したうえで、加入することをオススメします。

➡ 住宅保険に関する記事はこちらから


この記事が参考になったと思ったら、いいねボタンをお願いします!

+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です