リフォーム・リノベーションとは

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとは
老朽化した建物を新築当時の元の状態に戻すことを言います。
壁紙の張替えや設備の入れ替え等、部分的な改修工事のことで原状回復するために行われます。

リノベーションとは
つくり変えること、新しい価値を与えることを言います。
新築の時以上に価値を向上させたりデザインや間取の変更、デザインの一新など、全面的に大規模な工事を既存住宅に対して行います。

中古住宅をリノベーション

新築住宅を購入しようとした場合、「自分の希望通りの場所に敷地が見つからない。」といった問題に直面される方も多いのではないでしょうか?しかし、中古物件を視野に入れて物件を探すとぐんと選択肢が広がり、希望通りの場所での物件を見つけられる可能性が上がります。なので近年、自分の住みたい場所にある中古物件を購入し、自分好みの設計でリノベーションを行い、希望のマイホーム作りをされる方が増えてきています。また、新築よりもかなりコストを抑えられるのもメリットのひとつです。
デメリットとしては、リノベーションの場合、元の建物の構造により可能な間取りが決まっており、自分の思い通りにいかない場合もあり、また、リノベーションをしても築年数に応じた計算をするので、資産価値が上下することはありません。(但し、設備が新しい場合など、その付加価値に応じて価格が上がる可能性もあります)

➡ リフォーム・リノベーションに関する記事はこちらから


この記事が参考になったと思ったら、いいねボタンをお願いします!

+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です