ホームインスペクションの癒着問題。自分で探そう!インスペクター

本来のホームインスペクションのメリット

ホームインスペクションを行うことで、住宅の構造などに精通したインスペクター(住宅診断士)が、中古住宅を売りたいと思う売主とは異なる中立公正な第三者の立場から冷静に住宅の状態を診断してくれます。

不動産業者は物件を売り切ることが仕事

売主や売主から依頼された不動産業者からすれば、多少の不具合があっても売ってしまいたいと思うこともありますし、売主である個人は自分の住宅に自信を持っていて、「これまで問題なく暮らしてきたし、多額の費用をかけて建築し、購入した住宅なのだから問題があるわけない」と、不具合などはないと思い込んでいるケースも少なくありません。

その売主の想いを簡単に信頼してしまったり、仲介業者の早く売りたいという営業トークに乗せられたりしてしまうと、ホームインスペクションを利用せずにそのまま購入してしまうかもしれません。

ですが、その後に不具合が見つかって多額の補修費用が必要になったり、売主とその支払いなどを巡って揉めたりすることになれば、精神的な負担や時間の無駄も多くなります。

こうした事態を防ぐためにも、事前にホームインスペクションをしておくと安心です。

専門家に住宅の劣化状況や欠陥の有無の確認。また、改修すべき箇所やいつのタイミングでメンテナンスが必要なのかや、費用の目安などを購入前に確認できれば、思わぬトラブルを未然に防げます。

中古住宅を購入する際の「欠陥住宅ではないか」という不安の解消に繋がり、中古住宅市場の活性化にも繋がります。

また、将来的に、「いつ頃どの部分のリフォームが必要でどのくらいの費用がかかるか」や、「あと何年くらいの耐久性や寿命があるのか」を知ることで、購入の判断がしやすくなるのもメリットです。

不動産業者とインスペクター(住宅診断士)の癒着が問題に

ホームインスペクションは、安心して中古住宅を購入するための制度であるにもかかわらず、あることが問題となっています。

それは中古住宅を売りたい不動産業者と、ホームインスペクターとの癒着問題です。

不動産業者から紹介されたインスペクター

不動産業者が購入希望者にホームインスペクションができることを説明した際に利用を勧めたり、または個人の売主に対してホームインスペクションをあらかじめやっておいた方が早期売買が期待できるなどと持ち掛けたりして、不動産業者からインスペクターを紹介します。

不動産業者から紹介されたインスペクターは、いずれにも中立の第三者的な立場ではなく、売りたい不動産業者や売主に有利な立場かもしれないのです。

例えば、不動産業者、もしくは不動産業者から紹介を受け買主・売主からの依頼でホームインスペクションを実施した結果、問題のある部分や不具合、欠陥が見つかったとしましょう。

その報告を受けた不動産業者としては、本来ならそれを買主にありのまま伝えなくてはなりません。

ですが「今すぐ売りたい」「面倒なことは避けたい」「売買契約が流れるのは困る」などと思い、インスペクターに問題の箇所が写っている写真や報告書の文言などの削除を依頼、特別な異常はなかったように見せ、結果報告書を偽装させるのです。

その結果、買主は不具合のある中古住宅とは知らずに購入してしまうなど、買主が守られるべきホームインスペクションでかるにもかかわらず、騙されてしまう場合があるのです。

買主主導で中立公平な第三者の立場にあるインスペクターを選びたい

日本でのインスペクションの認知度はまだまだ低く、「自らインスペクターを探して依頼する」といった環境が整っていません。ですので不動産業者から紹介されたインスペクターに依頼をしてしまい、結果このような癒着問題が起こってしまう可能性があるのです。

買主が費用を払ってホームインスペクションを利用したにも関わらず、不動産業者から紹介されたインスペクターに依頼したために不利益を受けてしまうことを避けるには、「自らインスペクターを探して依頼する」ことが大切です。

この点、ホームインスペクター先進国である欧米諸国では、売主主導ではなく、買主が率先して行う仕組みになっています。

アメリカでも不動産業者とホームインスペクターの癒着が問題となった歴史がありますが、対策が講じられ、州によっては不動産業者によるインスペクターの紹介が禁止されているほどです。

また、オーストラリアやイギリスでも売主のインスペクションは虚偽が多いことが社会問題化して買主がインスペクションする仕組みが創設されました。

そのため、不動産会社から紹介された業者を避けるのはもちろんですが、無料インスペクション付きといった物件や、ホームインスペクション済みという物件も注意しましょう。

まとめ

後々のトラブルを防ぐには買主自ら信頼あるホームインスペクターを探すこと。
また、すでに実施済みの物件であると言われても、自ら選んだインスペクターにセカンドオピニオンを求めるくらいの周到さが必要かもしれません。


この記事が参考になったと思ったら、いいねボタンをお願いします!

+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です