ホームインスペクションはいくらかかる?どんな調査をしてくれるの?

住宅購入前のチェックは慎重に

新しい家を持つにせよ、中古の住宅を持つにせよ、やはり価値の高い物を選びたいと思うのは自然なことですが、ここで注意すべきことが1つあります。

それは購入してから住宅に欠陥が見つかってしまうことです。

住み始めてしばらく経ってから欠陥が見つかったなら、それは経年劣化である可能性が高いでしょう。しかし、中には住み始めてからすぐに欠陥が見つかることもあります。その場合は購入前の時点で欠陥があった可能性が高いのです。

欠陥のある住宅を購入してしまわない為にも、購入前の事前チェックを念入りに行うことはとても重要です。しかし、外観は問題がないように見えても内部に異常をきたしているということもよくあり、一般の人がそれに気づくのは難しく、その内部をどう点検すればいいのかは専門の人にしかわからないでしょう。

そこで最近注目されているのがホームインスペクションというサービスです。

ホームインスペクションってどんなことをするの?

ホームインスペクション」と言われても、聞いたことがない方もいらっしゃると思います。
なぜなら、このサービスはここ最近やっと普及し始めたものだからです。

住宅の売買は昔から行われていますが、トラブルも起こりやすいので、ホームインスペクションはそうしたトラブルを防ぐために、専門の調査員によって住宅に欠陥がないかチェックする制度です。

たとえば住宅の基礎となる部分については、ヒビ割れがないか、パッキンに損傷がないか、などといったことを調査します。
また、「白アリが湧いて基礎を食い荒らしてしまった」ということがよくあるのですが、アリを誘導するための道がないかどうかなどのチェックも行われます。


※白アリ被害の例

もちろん、チェックするのは基礎だけではありません。

外壁にカビが生えていたり腐食したりしていないか、内装に異常がないか、屋根が破れていて雨漏りの原因を作っていないか、といったことも調査します。

このように住宅のありとあらゆるところを細部までチェックするのがインスペクターの仕事なのです。

また、これに加えてインスペクターの中には住宅だけでなく、マンションの周辺に騒音を出すものがないか、など周辺環境との兼ね合いをチェックしてくれる人もいます。

他にも、紹介しきれないくらいの色々な調査を必要に応じて請け負ってくれます。

ホームインスペクションを依頼するにはどのくらいの費用がかかる?

これだけの項目をチェックしてくれるなら、住宅を買うときはホームインスペクションを利用しようと考える方もいらっしゃるかもしれません。
とは言え、やはりこれだけの仕事を請け負ってくれるならそれ相応の費用を求められるでしょう。
住宅を買ったり土地を買ったりするための費用だけでも相当かかるのに、さらに費用がかかるとなると少々ためらってしまう人もいるかもしれません。

ホームインスペクションは住宅の価値を担保するために欠かせないサービスとは言え、やはりお金はできるだけ抑えたいと思うのが自然です。
また、ホームインスペクションの利用料は決められた統一料金があるわけではなく、依頼する機関やインスペクターによって金額が様々で、「あのインスペクターは利用料を高く設定しているけれど、このインスペクターは安く設定している」という場合もあるのです。
もちろん、利用料が安いからと言って調査をおろそかにするというわけでもないですし、利用料が高いからと言って調査をしっかりしてくれるとは限りません。

一般的なホームインスペクションの価格は5万円~6万円くらいです。

ただ、これはあくまで業者があらかじめ設けている調査項目をこなすだけの料金にすぎません。
これに加えてもっと細かに調査をして欲しいと思ったら追加料金(オプション料金)を払う必要があり、たとえば床下や屋根のような、手間のかかる箇所の調査がそれに当てはまります。
どういった項目を追加するかにもよりますが、すべてを念入りに調査してもらうためには10~15万円程度かかると予測しておいた方がいいでしょう。

これらに加えて地域ごとの相場もあり、住宅がたくさんある地域はそれだけインスペクターの数も多くなり、比較的安くなる傾向にあります。

ホームインスペクションの利用手順

調査内容と相場を理解したら、いざホームインスペクションを利用したいところですが、ホームインスペクションをどうやって利用したらいいか、ということがわからない人がほとんどでしょう。

住宅を購入する際、契約をしなければいけませんが、この契約をする前にホームインスペクションを行うのが理想的です。
不動産業者からホームインスペクションを行ってみないか、と提案されることもがありますが、第三者性を確立するためにも自らが選んだインスペクターに依頼をするのが1番です。

この際、住宅を他の人に買われてしまわないように前金として申込料を不動産業者に払っておいてください。
もちろんこの申込料は契約金ではないので、住宅を買わなければ戻ってきます。

そしてホームインスペクションを依頼する際には、住宅の間取り図のコピーなどをもらっておくといいでしょう。
インスペクターの中には間取りによって値段を変える人もいます。
事前に調査するべき箇所を把握しやすいようにするために、こうした間取り図が欠かせないものとなるのです。

まとめ

ホームインスペクションの価格や調査内容は、依頼する業者や機関によって様々であり、自分の条件に合うインスペクターを自ら探して依頼をすることが大切です。

中古住宅はもちろんですが、新築住宅でもホームインスペクションを実施している方がたくさんいらっしゃいます。

一度、色々なサイトで料金や内容を比較してみるのも良いかもしれません。


この記事が参考になったと思ったら、いいねボタンをお願いします!

+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です