ZEH(ゼッチ)住宅で実現しよう!居心地抜群、納得のスマートライフ

家計の負担を軽減しエコにもなる

ZEH(ゼッチ)住宅とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略でエネルギーを家で作り出すことを重視し、省エネや断熱性に優れ、快適な暮らしを実現する住宅です。

出典:資源エネルギー庁ウェブサイト:http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/zeh/

屋根や外壁のほかに、床や窓にも断熱性を高めていることから、室内の温度を一年中通して快適に保つことが可能で、さらに気密性や風の通りやすさ、採光性を実現し、エアコンによるエネルギー消費を抑えることにも力を入れています。

そして省エネ対策にもこだわり、最新の設備やシステムを採用、照明や給油、空調など設備やシステムにおいて最新のものを活用しているため、省エネ効果をアップします。

また、太陽光発電システムを利用することで自らエネルギーを創り出すことができ、創ったエネルギーは、日常生活で使うこともできますし、使い切れなかったエネルギーや電力は、そのまま蓄電池に溜めておくことも可能です。

ZEH住宅の普及が進むことで温室効果ガスの削減にも期待できます。

この温室効果ガスが地球温暖化に大きな影響を与えていることは否定できません。ZEH住宅を標準設備にすることで火力電力に頼ることがなくなり、温熱効果ガスを大幅に削減させることが可能ですので、省エネにこだわり、快適な住まいを手に入れたいのなら是非検討してみてはいかがでしょうか。

お得だらけのZEH住宅

光熱費対策をしっかり行いたいという方にもZEH住宅はピッタリです。

ZEH住宅にすることで快適な生活を送れるようになるのはもちろんのこと、光熱費を抑え家計の負担を軽減することもできます。驚くことに実際にZEH住宅を建てた方の中には、年間20万円以上もの光熱費の削減に成功した方もいるのです。

オール電化や太陽光発電システムを取り入れた住宅と同様に思われている方も多いのですが、それ以上にお得があります。ZEH住宅は、消費エネルギーをゼロにすることを重視しており、断熱材を効率よく組み込むことで従来の住宅システムを超えた費用の削減が可能です。

オール電化よりも費用を抑えられる理由は、HEMS(ヘムス)システムが搭載されているからです。

HEMSシステムとは、Home Energy Management System(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)の略で、電気機器を一括で管理することができるだけでなく、自動制御することも可能です。快適な室内温度を維持するために自動で温度を設定してくれるのはもちろんのこと、照明の明るさまでも調整してくれます。快適な暮らしを実現しながらムダな電気を使わないのも利点と言えるでしょう。

これまでのエネルギーとは違い、費用のお得さを実感できるだけでなく生活する上でもメリットを感じられます。

補助金を受け取ることができる

ZEH住宅は、国にも推奨されている住宅です。

補助金制度の条件を満たせば1戸あたり70万円の補助金を受け取ることが可能で、蓄電装置を導入すると、さらに上限30万円の補助金をもらうこともできます。補助金制度には種類があり、それぞれにいくつかの条件があるので注意が必要ですが、導入を検討されるのであれば、ぜひ活用してみましょう。

どんなメリットがあるのか?

高額な住宅ローンを組んでマイホームを手に入れたら、快適に毎日を過ごしたいと思うのが普通です。

夏には冷房を、冬には暖房を使いながら快適な室内温度に保って生活しているというお家がほとんどだと思います。冷房や暖房が苦手という方は、一年を通して使用することに対し、身体の不調を感じる方もいるでしょう。

その点、ZEH住宅は高い断熱性に優れているため、健康対策にも効果的で、「夏は涼しく、冬は暖かい」快適な住まいを実現すると言われています。

ノンストレスで毎日を過ごせるのも人気を集めている理由のひとつと言えるでしょう。

また、高齢の方の中には、寒暖差により身体の不調を抱えているという方もおり、ヒートショックが心配という方もいるでしょう。ヒートショックとは、冬場の家の中の温度差によって急激に血圧が上昇してしまうことで心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしてしまう症状で、脱衣所や浴槽だけでなくリビングや廊下などでもリスクはあります。

ですが、家全体の耐熱性を高めることで、しっかりと健康リスクを回避することができます。

もしものときも安心

大地震が起こる確率が高い中で、住まいの地震対策や災害対策を行っているという方はさほど多くありません。

効率よく賢く対策を行うなら、太陽光発電や蓄電システムを取り入れるといいでしょう。

ZEH住宅は、太陽光発電システムを利用してエネルギーを作り出すことができ、蓄電システムがあれば停電時にも電気を使うことができ、もしもの際の対策もしっかりできるので安心です。

まとめ

快適な暮らし、省エネ、地球温暖化対策、さらに補助金を受け取ることが出来るなど魅力がいっぱいのZEH住宅。

国は2020年に新築戸建ての50%、2030年までに新築戸建て=ZEH住宅になることを目標としています。

これから家を建てる際には、検討が当たり前となる時代がやってくるのではないでしょうか?


この記事が参考になったと思ったら、いいねボタンをお願いします!

+2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です