住宅ローンの負担を軽減「フラット35」。賢く利用し、より良い人生設計!

フラット35はメリットが盛り沢山

これからマイホームを建てたいという方の大きな悩みの種は住宅ローンではないでしょうか。

何十年にもわたる住宅ローンの負担を少しでも軽減したいと思っている方がほとんどだと思います。

現在、数多くの住宅ローンの種類がありますが、その中で利用者が多いのが「フラット35」です。

フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携している「長期固定金利」の住宅ローンの名称で、最大35年間にわたり固定金利で借りることができ、支払いが終わるまで金利が変動しないことが大きなメリットです。

多くの方が住宅購入時にローンを組みますが、短期で住宅ローンを契約してしまうと返済の負担が大きくなってしまいます。住宅ローンの返済額が大きくなればなるほど住宅の購入の負担を感じ、憧れのマイホームを手に入れることを諦めてしまうという方も少なくないでしょう。

フラット35は、長期固定金利となっている点が最大のメリットで、月々の返済の負担を軽減できるのはもちろんのこと、保証料や繰り上げ返済手数料も不要です。

さらに保証人不要で審査を行えるので、よりマイホームを手に入れやすくなります。

また、様々なメリットがあることで将来の人生設計に於けるマネープランも立てやすくなるでしょう。

仕組み

フラット35は、東京に拠点を置く「住宅金融支援機構」がサービスする、住宅取得に伴う資金調達の仕組みです。
民間の金融機関は、長期にわたって貸付するだけの資金調達が難しいとされていますから、このフラット35を取り扱うのです。
フラット35は、これを担保とする債券を住宅金融支援機構が買い取ることで、金融機関は長期にわたる多額の資金を調達しています。

住宅金融支援機構は、全国から集まってくるこの債権をどのように現金化しているのかというと、いわゆる投資家がこの債権を購入することで、お金を調達しているのです。
つまり住宅金融支援機構は、長期にわたるローンのお金を回すための中間地点の役割を果たしています。

住宅ローンの返済額を賢く軽減する方法

フラット35は長期間借りることができ、固定金利という特徴があります。毎月の返済額が少なくなり、さらに毎月の支払額が一定となっていますので変わることはありません。

マイホームを購入した後も人生において大切なイベントが数多く待ち構えています。出産や子供の入学、就職など何かとお金がかかってしまうイベントもあるでしょう。まとまったお金が必要になったとき、住宅ローンが家計を圧迫し、資金を用意することができなくなってしまうとイベントを心から楽しむことはできません。

また、変動型金利の住宅ローンを利用していた場合、時期によっては金利が大きく上がり、毎月の返済額が増えてしまう可能性もあります。その点、フラット35ならいつでも金利が変わらないので、家計に負担をかけることがないのはもちろん、安心感を得ることもできるでしょう。

気軽に組める住宅ローン

住宅ローンは、土地と建物本体、付加工事にしかあてることができないということをご存知でしょうか。

家を建てる際に必要となる諸費用や諸経費の支払いに住宅ローンを利用することはできません。

また、土地の購入の際に用意しなければならない諸費用は、自己資金で用意することが条件ですので自己資金分を現金で確保しなければなりませんが、フラット35は保証料が不要なため、その分の現金を足しにすることもできるでしょう。

また、何よりも嬉しいのは、保証人不要で利用できる点が挙げられ、更に審査が通りやすい住宅ローンとなっており、個人事業主の方でも多くの金額を借りられると言われています。

繰り上げ返済にかかる手数料は?

住宅ローンを利用している方の中には、今後の返済を楽にするために繰り上げ返済を検討しているという方もいます。繰り上げ返済は、まとまった金額を返すことで返済額を軽減することが可能ですが、実行する際に数万円の手数料が取られてしまうことがあります。

しかし、フラット35は繰り上げ返済を行っても手数料はかかりません。

家計に余裕があるタイミングで手数料を気にすることなく返済できるのも大きなメリットです。

デメリットは?

数多くのメリットがあり、とても魅力的なフラット35ですが、デメリットはあるのでしょうか。利用するにあたってメリットだけでなくデメリットも知っておくと安心です。

デメリットの1つにあげられるのが、金利の高さです。

変動型のローンと比較してみてもフラット35は金利が高い傾向にあり、変動型のローンとどちらを選べばいいのかわからないと悩んでしまう方も多いようです。

また、繰り上げ返済時に手数料がかからないのもフラット35のメリットですが、最低10万円からの返済しか行うことができません。数万円の少額から繰り上げ返済を行っていきたいという方もいますが、他の住宅ローンを利用する場合、1万円から3万円ほどの手数料がかかってしまうので、おススメの方法とは言えません。

賢く繰り上げ返済を行うなら、やはりフラット35が最適と言えるでしょう。

利用する条件

審査を受けるには、クリアしなければいけない条件があります。

まず、土地の取得費を含む建物の建設費や購入額が1億円以下の住宅であること、床面積が70㎡を超える戸建住宅、または床面積が30㎡を超えるマンションであることも条件です。

その他にも住宅金融支援機関が定めた条件をクリアしなければいけません。

これらの全て条件を満たしていることで初めてフラット35の審査を受けることができます。

選ぶ際の注意点

現在、驚くことに数千を越える種類の住宅ローンがあり、どの住宅ローンが自分に最適なのかと悩んでいる方もいます。自分に合った住宅ローンを探すなら、まずはメリットだけでなくデメリットもきちんと把握し最適な住宅ローンを選ぶことが大切です。

多くの方が利用しているフラット35は、都市銀行や信託銀行のほかにも様々な金融機関で取り扱っており、審査が通りやすいのも魅力です。

もし、フラット35を利用するならそれぞれを比較してみることをおススメします。

フラット35の仕組みは金融機関によって変わることはありませんが、事務手数料や保証料に違いがあり、顧客重視の金融機関であれば、事務手数料や保証料などを格安で設定されていることがほとんどです。

また、フラット35は団信に加入しなくても利用できるのもメリットとなっており、病歴がある人でも審査が通りやすくなっています。

高額な住宅ローンの返済が心配という方や、持病があるから金融機関からお金を借りることができないという方の大きな味方になってくれる住宅ローンとしても人気を集めています。

まとめ

今人気の「フラット35」は長期固定金利の為、マネープランなど人生設計が立てやすく、また経済に影響されることなく安心して住宅ローンを支払うことが可能となります。

加入条件はいくつかありますが、もしクリアできるのであれば一度ご検討してみてはいかがでしょうか?


この記事が参考になったと思ったら、いいねボタンをお願いします!

+3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です