たられば談 vol.3

大阪府在住 Yさん 28歳 男性


わたしは現在、市内の生命保険会社に勤務しており、昨年第一子が誕生しました。
今までは、賃貸の1LDKマンションに住んでおりましたが、思い切って昨年末にマイホームを新築で購入しました。

住み始めて2ヶ月ほど経ちましたが、家自体に何の不満もありません。ただ一点、我が家が補助金対象に当たる住宅であったことを最近知ってしまい、自分の知識不足に後悔しています。その補助金は「すまい給付金」といい、国から補助金が給付される制度のようです。

取引先の仲のいい担当者にマイホームを購入したことを自慢していたら、すまい給付金の話が出て色々と調べたところ、着工前に申し込み、施工中に検査を行わなければいけなかったとのことでした。
それさえクリアしていれば、給付金を受け取ることができたはずでした。
ハウスメーカーの担当になぜ、前もって補助金のことを教えてくれなかったのかと確認しましたが、「我が社はご相談があったお客様のみ、ご案内させて頂いておりご相談が無ければ、特段お伝えする義務はございません」と言われてしまいました。購入前と購入後でここまで対応が変わるのもどうかと思いますが、それ以上に完全にハウスメーカー任せにしていた自分に腹が立ちました。

先日初めて「ホームシェルジュ」さんの存在を知り、いろいろと拝見してみるとすまい給付金のことはもちろん、減税のことや住宅ローンのことまで記事として載っており、非常に参考になりました。購入前にこのサイトを知っていたら・・・もっと勉強していれば・・・もっとお得に家を買えたのに・・・。後悔先に絶たずで、いまさら言ってもしょうがないことですが、そう思ってしまいます。

皆様もこれから、マイホームを購入される際、自分のように後悔しない為にも前もって知識を得れるよう勉強しておくことをオススメします。

ホームシェルジュからひとこと

ご投稿ありがとうございました。

Y様と同様のお話はよく耳にします。
建てられたハウスメーカー様でも親身になって色々と教えてくれる営業さんもいれば、そうでない方もいらっしゃいます。
どの担当者がつくかはわかりませんし、こちら側から選ぶこともできません。
Y様のおっしゃる通り、ご自身で前もって知識を得ておくことが大切です。
方法は本やインターネット検索、知人の方から教えてもらうなど様々ですが、その際に私ども「ホームシェルジュ」も参考にして頂ければ幸いです。

 


この記事が参考になったと思ったら、いいねボタンをお願いします!

+3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です